2013年06月26日

2013/06/16開催「『ウォーハンマーRPG』オンリーコンベンション~REBOOT!~」レポート第2回(見田航介)

第1回の続き)

ハーフリング小作農PCの親戚、エルマーが前男爵殺害の嫌疑で捕まっている!
どうやらエルマーが犯人である可能性は低い。
『神の声を聞いた』としてエルマーを投獄したシグマー司祭長・ロータルと、年若い新男爵ユリアン、情報を知っていそうな女中と対面すべく、男爵邸を訪れるPCたち。



応接間で“理知的な美少年”ユリアンと高圧的な貴族ロータルと対面。
しばらく会話を交わした後、地図職人が機転を聞かせ、自分は芸術を学んでいる(〈職能:芸術〉)のでこの館の素晴らしい意匠を見学したいと申し出、お目当ての案内女中とともに席を外すことに成功。

すると

ハーフリング小作農「わー、オラもすっごく興味あるー(棒)」
ドワーフトロール殺し「ふむ、匠の仕事は見ておきたいな」

などと理由をつけて2人も同行。案内してもらいつつ、交渉系技能を動員して女中から話を聞き出す。

前男爵夫人の侍女であった彼女は、夫人が倒れ医学者が隔離を命じた翌日に心配でこっそり忍び込んだのだが、すでに夫人は死んでおり、しかも身体がひどく損壊、胸も切り開かれていたという。
しかし医学者が夫人の死を公表したのはその数日後で、明らかに怪しい。ただし、医学者が殺害に絡んでいた場合、医学者を連れてきたユリアンも責任を負わされ、ロータルに追放されるのではないかとも懸念している。
思い悩んで使用人頭にも相談したが、青ざめて何か言いかけたが結局、余計なことは考えず黙っていろと言われたという。

ここまで来たら使用人頭にも知ってることを話してもらおう、と接触することに。

GM「さて、では口をつぐんでいる話をどうやって聞き出すかですが…今回も、感情に訴えて懇願するなら〈魅惑〉、理路整然と説得するなら〈世間話〉、脅して聞き出すなら〈威圧〉を使うことになります」

ハーフリング小作農「オラ〈魅惑〉持ってます!」
人間地図職人「私は〈世間話〉+10%あります」
ドワーフトロール殺し「俺は〈威圧〉あるぜ」

トロール殺し「よし、じゃあ〈威圧〉から」

 威 圧 か ら ! ? ?

トロール殺し「コロコロ…成功したぜ!」
GM「うお…オレンジモヒカンのドワーフが脅してきた…これは怖い!!使用人頭『ひいいっ! し、知ってることは全部しゃべりますからっっ!』」
小作農&地図職人「完全に悪党側だ…」
トロール殺し「これがドワーフ流の情報収集術よ」

で、使用人頭から、前男爵夫妻が倒れた日、ユリアンの自室から珍しく夫人の涙混じりのヒステリー声による口論が聞こえてきたこと、しばらく後に再び様子を見に行くと、両親が倒れたから医学者を呼んでくるように、とやや上気したユリアンに命じられたこと、そしてユリアンの服に血がついていたように見えたこと…などを語る。

ユリアンの方が怪しくなってきたので、脅した勢いで使用人頭からユリアン自室の鍵も借り受け、部屋を捜索…しかし〈捜索〉技能持ちが皆無!
が、地図職人が半減成功値を執念で出し(※基本技能は成功値半分でチャレンジ可能)、装飾に混沌神ティーンチのシンボルが巧妙に混ざっている衣装を発見。

地図職人「これは、ユリアン様が着ていたものですか?」
女中「はい…医学者様と『お勉強』をなさる時にいつもお召しになっておりました…」

トロール殺し「どうやら見えてきたな。この鍵のかかったチェストも開けられればいいんだが…」
小作農「〈開錠〉技能無いんだよね~」

と、応接間を抜け出してきたドワーフ船乗りが合流。

船乗り「なんだぁ?まだるっこしいことやってんな。鍵開け? ようし見てな、まずこの蝶番側の蓋との隙間にダガー差し込むだろ? そんで俺様の片手用武器、ハンマーでだな…」

カーン カーン カーン ベキッ !!

船乗り「ほうら見ろ。これがドワーフ流の鍵開け術よ」

 ド ワ ー フ 流 の 鍵 開 け 術 ( 物 理 ) 

というわけで中にはまんまとティーンチのホーリー(?)シンボル。

船乗り「ようしこいつを突きつけて…」

GM「お、触りましたね?では【意志力】テストをお願いします!」

船乗り「!! 失敗… いやいやいや 幸運点消費! 再テストして成功!」

GM「…チッ。(混沌変異表をしまいつつ) じゃあそうだな、あと中にはお約束、ユリアンの日記が入ってます」

地図職人「私〈読み書き〉あるので読んでみます」

事件のあたりを読むと、自分に色々なことを教えてくれ、経験させてくれた両親への感謝と、両親がいかに特別な存在であったか、もう教えてもらうことができなくなった寂しさを綴った文章が目に入る。
『…そう。母上の心臓を生でいただいた時のあの高揚感、一体感…もう二度と経験できないと思うと実に寂しい…』

GM「とかなんとか。両親をいかに切り刻んだかなどの克明な描写があります。ってなものを読んでしまったあなたは、一応、【意志力】テストしてみましょうか!」

地図職人「コロコロ… すみません 成功です」

GM「…チッ」



とまあ証拠も出揃ったところで、応接室に戻って弾劾タイム。

GM(ロータル)「これはどういうことだ…護衛兵、ユリアンを拘束しろ! 医学者も直ちに捕らえてこい!」

ユリアン「ちぇっ つまらないなあ…」

ユリアンの手からほとばしる桃色の電孤、倒れる護衛兵。

GM「ロータルは『むむっ!お、お前たち腕に覚えがあるのだろう? ユリアンを捕えろ!』と君たちに命じて、芸術的な素早さで奥に下がるよ」

PCたち「仕方ないなあ~」

エルフ薬師「私が一番早いですね。うーん、武器を抜いている時間も惜しいし…ユリアンに組み付きます!」

泥臭い攻撃を仕掛けるエルフ!しかしかわされる!

GM「次はユリアン、従者に撃ちたい…が1マス遠いか! くそ。しょうがない、そばにいるエルフに『ティーンチの桃色炎』を撃つよ」
クリティカル・ヒットを喰らって転倒する薬師。他の仲間も、接敵したり攻撃外したりで終了。

薬師「2ラウンド目、立ち上がるのに半アクションか~…いや、倒れたまま足に組み付けます?」
GM「ああ、うん、可能です」
薬師「ではこのまま組み付きを『全力攻撃』で!」

泥臭いエルフ!!

その後ユリアンは従者に2回桃色炎を浴びせるもダメージロールが振るわず。しかも2回目にティーンチの呪い(※魔法のファンブル)を喰らって魔力点が1下がってしまう。

GM「うう、魔力点下がるとろくな魔法が使えない~~><」

と、多勢に無勢、自滅も加わってあっさり敗北するユリアン。


GM(ロータル)「うむうむ、お前たちよくやった。身内から混沌信者を出してしまったのは遺憾だが…いや、アレだな。前男爵殺害の首謀者は医学者に違いない。うむ。年若いユリアンもかどわかされて加担した、と。残念だが、かくなる上はこの私が前男爵の意志を継ぎ、この領地を立派に守らねばなるまいな。うむうむ。」

ハーフリング小作農「じゃあエルマーの無実も認めてくれるダニね??」

GM(ロータル)「うーむ…そうだな。犯人も出たことだしな…」

小作農「でもアナタ『神の声を聞いた』って言ってなかったっけ(ボソ)」

GM(ロータル)「ふむ、あれは…シグマー神がくださった『試練』だな。うむ、巧妙に家内に潜伏する混沌信者をあぶりだすために御差配くださったに違いない」

従者「ああいえばこう… いや いいよもうそれで」

というわけでエルマーも解放され、ひとまずめでたしめでたし。でシナリオ終了。


ネタ明かし的には、ロータルは政治的思惑から吸血鬼伯とも実際に取引しており、難民の死体を売ったり、戦士の肉体を求められてPCたちを物色してたりもしていたのですが、時間の関係もありそっちの方は表に出ずに終了。まあ混沌信者暴いてなんとかまとまったかな?

でもプレイ翌日になって、「しまった、証拠が揃った時点でユリアンを登場させて、『ご明察。だけどどうするんだい?僕を排除すればロータルの専横は進んでハーフリングへの迫害も強くなる一方だよ? それより僕につけばエルマーを解放し、ハーフリングや難民への迫害も弱めることを約束しようじゃないか いやいや安心してくれ 僕はいい混沌だからね?』とかって言ってPLたちに選択を迫った方がより面白かったな~」と反省。プレイ中に思いつかなかった…。

ほか反省点としては、プレイ時間4時間弱には情報飽和気味だったか、後半急ぎ足になってしまったというのと、基本的な戦闘ルールの説明が足りなくて初心者卓としては配慮が届いていなかった、というところでしょうか。初心者卓としてはもう一声短いシナリオにして、チュートリアルや世界観説明に時間を割かないといけないなあ、と思いました。

長くなっちゃいましたが、参加者の皆様、プレイレポを読んでくださった皆様、ありがとうございました!! (文責・見田)
posted by 『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会公式ウェブログ at 00:00| イベントレポート | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

2013/06/16開催「『ウォーハンマーRPG』オンリーコンベンション~REBOOT!~」レポート第1回(見田航介)

昨年よりRole&Roll Station 秋葉原店さまでほぼ隔月1卓で開催している当『ウォーハンマーRPG 体験会』ですが、おかげさまで毎回ほぼ満員参加していただいており、数回参加してくださっている方もいれば新しい参加者さまもいる、といった具合にいい感じに開催できております。

というわけで、本格オンリーコン開催に向けて肩慣らし、とばかりに、先日16日に少しだけ卓拡大をはかって(といってもまずは2卓規模なのですが)~ウォーハンマーRPGオンリーコンベンション~REBOOT!~を開催させていただきました。
開催10日前くらいには無事参加予約満となり、実行委員会としてもまずは一安心、初参加の方や女性参加者もいらっしゃって、じわじわと混沌が…違った、ウォーハンマーRPGに興味を持ってくださる方が広まっているのを感じて嬉しく思いました。


さて、前置きが長くなりましたが、今回は初心者卓と経験者卓に分けての開催。私、見田 航介は初心者卓のGMを担当させていただきました。
うまくいったかは怪しいのですが、一応GMの心づもりとしては初心者の方に世界観、雰囲気を感じてもらえればと、混沌、恣意的な貴族、デミヒューマンへの差別、どこに加担してもどこも汚れている…みたいなものを演出したいと考えてシナリオ作成しました。
あと個人的にあまり取り上げたことのなかったスターランド領邦を舞台にしました。


以下プレイレポ。

GM「ではキャラメイクですが、単発シナリオなのでキャリア選択ロールは3回振って好きなキャリアにしていいです、また、単発であんまりシナリオと合わないキャラになるのも無念なのでぶっちゃけますが、今回基本シティ・アドベンチャーです。戦闘も発生するかとは思いますが、調査系の技能があるといいかと思います」

初体験の方にはどのキャリアを選べばいいかわかりにくいかと思い、戦闘系なら攻撃回数、〈負傷治療〉技能、メイルアーマーを持っている、などのキャリアがオススメ、
捜査系では〈世間話〉や〈魅惑〉、〈威圧〉、〈捜索〉や、調べ方によっては〈忍び歩き〉や〈姿隠し〉などの技能を持っているキャリアがオススメと説明。で、出来上がったパーティは…

人間の従者 男
人間の家内工業人(地図職人) 女
エルフの薬師 女
ハーフリングの小作農 女
ドワーフの船乗り 男
ドワーフのトロール殺し 男


…ちょっと待て、シティアドベンチャーって言ったのにトロール殺して!(※栄誉ある戦いと死に場所を求めてさまようドワーフの純粋戦士職です) と若干不安になりつつ…


舞台は混沌勢力による大侵攻、『混沌の嵐』の4ヶ月後のスターランド領邦。
戦争の直接の被害は少ないものの、兵力が召し上げられたので“大いなる森”には盗賊が跋扈、安全のために街道を通ろうとするとやたらと通行税を取る料金所が増設されている。また、戦争難民も多く目にする。

そんな中、ブルトドルフの村についたPCたち。

GM「さて…そうだな、ハーフリングPCがいるので小作農の君にしよう。この世界のハーフリングはやたらと血族意識が高く、誰もが10代前までさかのぼって家系図をそらんじれるんですが、この村には君の…6代前の祖先を同じにするエルマーという親戚がいて、領主の料理人に抜擢されたと聞いている。村に来る機会があればぜひ寄ってくれと言っていたよ」

ハーフリング小作農「ふむふむ。美味い飯喰えるだか」

GM「さて、村に着くと君たちは役人に手続きを求められるよ。『入村税だ、足1本につき真鍮銭6枚な。それから…ドワーフは加えて銀貨1枚の『ヒゲ税』を貰い受ける。あとそこのチビ(ハーフリング)の女、成人した女は5フィート6インチを下回る1インチごとに『ちび税』として真鍮銭1枚だ。ん?お前は耳が長いか?』」

初期所持金が3gcだった悲しいエルフは青ざめてフードで耳を隠そうとするも見破られ、『耳税』としてエルフ耳1本につき銀貨1枚を要求される。

エルフ薬師「そんな殺生な~、お金無いんですよぅ~、大目に見てくださいよぅ~」

卑屈なエルフ!!

地図職人「(〈常識:エンパイア〉を振って)ずいぶんと厳しく税を取っていますのね」
GM(役人)「まあ領主の男爵様が変わってからな…いや、戦で森の治安も荒れてるし、難民の世話もあるからな。妥当なとこだろ?」


そうこうしていると、背後から食料品を荷馬車に載せた商人が「早くしてくれ、男爵様への納品が遅れちまう」と急かす。と、その商人の横腹に飛来してどすりと突き刺さるジャベリン。

GM「警備兵の声が響くよ。『ビーストマンの襲撃だー!』 訳:チュートリアル戦闘だー」

というわけでセンティゴール4体と軽く戦闘。1体倒しているうちに荷台の食料品を奪って引き上げるセンティゴールたち。
従者・海兵・トロール殺し「追撃します」 GM「君ら殺る気満々だな!」

が、結局足の速いセンティゴールたちは森に去っていき、やがて警備兵2人と、シグマー司祭長の護衛官を名乗る男がやってきてPCたちの戦いぶりを賞賛してくる。男爵様にも報告しておくからあとで男爵邸に来るといいと言い、宿を探してるなら大通り脇にあるぞ、などと教えてくれる。
(商人の治療を終えたエルフ薬師「(もみ手)え~、村の防備に一役買ったということで、入村税まかりません?」 役人「それとこれとは別」 エルフ……(ノД`))

ハーフリング小作農「あ、男爵様といえば、エルマーという料理人が働いてないだか?」

GM「するとその名前に険しい表情になり、『エルマーの知り合いか?あやつは……前男爵アントン様毒殺の嫌疑により、現在シグマー神殿の房に入っている。3日後に神明裁判となる予定だ』と言う」

ハーフリング小作農「ええ~~!!」


“近い親戚”エルマーが気になる小作農は従者、エルフ薬師とともにシグマー神殿に。ドワーフ2名と地図職人は先に居酒屋宿に。

神殿では小作農の親戚アピールと従者の《礼儀作法》が功を奏してエルマーに接見。エルフ薬師の〈世間話〉なども駆使して生真面目そうな若い司祭からも事件の情報を入手。

居酒屋では地図職人と大酒飲み船乗りが村の近況などを聞き込み。もう一人いるのだが…

トロール殺し「俺に世間話しろと?無茶言うな」

ですよねー。


さて、集めた情報により、

・2ヶ月前に前男爵夫妻が共に倒れ、数日後に死亡したこと。病状は14歳の嫡男ユリアンがナルンより連れ帰った医学者が診ていたこと。
・現在はユリアンが後を継いでいるが、年若いため前男爵の弟(ユリアンの叔父)でありシグマー司祭長のロータルが補佐の名目で共同統治、実質上辣腕を振るっていること。
・ロータルがハーフリングへの課税強化、難民を過酷な森の開拓に送るなどの政策を強行し、ハーフリングの中にはこれに抗議する者、さらにはロータルがズィルヴァニアの吸血鬼伯と通じていると断ずる者もいること。
・5日前になって突如、ロータルが『神の声を聞いた』という理由でエルマーを毒殺容疑で拘束、裁判結果次第で領内のすべての飲食業からハーフリングを締め出す、とチラつかせたため、政策に対するハーフリングの抗議行動が下火になったこと。

などがわかってくる。また、人間の住民はロータルの政策に強い抵抗を示していないこともわかる。これは、1500年前、ハーフリング郷・ムートランド創設された時に「自分たちの肥沃な農地をハーフリングに“かすめ取られた”」という根強い意識があることと、内心難民を煙たがっていることによることによるようだ。


ユリアンやロータル、そして、エルマーが力になってくれるかもしれないと語っていた男爵邸の女中(元男爵夫人の侍女)とも接触するため、翌日男爵邸を訪ねることに。

(続く 文責・見田) 
posted by 『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会公式ウェブログ at 22:47| イベントレポート | 更新情報をチェックする

2013年05月22日

ウォーハンマーRPGオンリーコンベンション~REBOOT!~

ウォーハンマーRPGオンリーコンベンション~REBOOT!~
book_toc.jpg
◆初心者もベテランも大歓迎! 過酷なるオールドワールドを生き抜くべし!

 2012年より「Role&Roll Station秋葉原店」を舞台に、10回にわたって『ウォーハンマーRPG』体験会を開催して参りました。
 そこで、これまでご参加・ご支援いただいた皆さまに感謝を込め、増卓した「『ウォーハンマーRPG』オンリーコンベンション~REBOOT!~」を開催することになりました。
 はじめて『ウォーハンマーRPG』に触れる方も、これまで『ウォーハンマーRPG』を遊びこんできたベテランの方も、大歓迎です!
 ぜひ、お誘い合わせのうえでお越しください!


 暗黒時代のヨーロッパに似たファンタジー世界、オールドワールド。君はその無法地帯に踏み込み、余人があえて立ち向かおうとせぬ、あるいは歯向かうこと能わざる脅威に直面する。
 君は十中八九、どこかの糜爛した地獄穴で犬死にするに違いない。ただしことによると、かすかな望みではあるが、不浄なる変異種、身の毛のよだつ業病、腹黒い陰謀、正気の爆散を招く宗教儀式を耐えて生き延び、運命の果実をつかむかもしれない……。
 90年代に文庫版がヒットし、2006年から第2版の翻訳が開始され充実したラインナップを誇る『ウォーハンマーRPG』の世界に挑むチャンスです! 現実的でパンクな、ピリリと辛い大人のためのRPGを、ぜひ一度ご体験ください。
「一人の人間の行為が、全世界に永遠の平和をもたらすような物語を聞きたいとおっしゃるなら、お話しすることもできます――でも、そんな話がどんなにばかげて、嘘っぱちなのか、あなたにもよくおわかりのはずです。」――ブライアン・クレイグ『嵐の戦士』(ウォーハンマー・ノベル)

・100種類以上のキャリア(職業)から選ばれるキャラクター。成長とともに転職していく。
・すっきりとまとまった、技能システムベースのわかりやすいルール(d100下方ロール)。ダンジョン探索やシティ・アドベンチャーの醍醐味を満喫できる。
・使用するダイス(サイコロ)は10面体サイコロ2個のみ。
・グリッド・マップを活用した、白熱するタクティカル戦闘。
・中近世ヨーロッパのリアルな雰囲気たっぷりの濃厚ダーク・ファンタジーな世界観。
・シナリオやリプレイが無料ダウンロード可能。関連小説・サプリメントも超充実。

 死は、あなたの隣人。恐怖は、あなたの友。
 リアリティあふれるオールド・ワールドの冒険を、是非ともお愉しみください。

 『ウォーハンマーRPG』をまだ遊んだことのない方、あるいは小説やミニチュアゲーム等で『ウォーハンマー』世界を知った方、大歓迎です。ベテラン・ゲームマスターが丁寧に解説、対応。初心者でも安心してお越しください。
 もちろん、過去に体験会に参加したことのある方、すでにオールド・ワールドに親しんでいる方々の参加も大歓迎です!

※『ウォーハンマーRPGオンリーコンベンション~REBOOT!~』では、初心者卓と経験者卓をご用意いたします。
 初心者卓は、『ウォーハンマーRPG』を初めて遊ぶ方や経験の浅い方が対象となります。
 経験者卓は、何度か『ウォーハンマーRPG』を経験された方、一歩ステップアップされたい方などを対象とする卓になります。なお、本コンベンションにおける「経験者」は「何度か『ウォーハンマーRPG』のプレイ経験があり、初心者と同卓した際に、その初心者をサポートしながら、一緒に愉しんでゲームをプレイできる方」とさせていただきます。
 申込時に「初心者卓希望」、「経験者卓希望」をお書き添えください。なお、申し込み状況によっては、2卓とも「初心者卓」になる可能性もございますが、あらかじめご了承のほどをお願い申し上げます。

■開催日:2013年6月16日(日)
■時間:13:00~18:00【予定】
■会場:Role&Roll Station 秋葉原店 プレイルーム
■ゲームマスター&スタッフ:見田航介(『ウォーハンマーRPG』翻訳チーム)、岡和田晃(『ウォーハンマーRPG』翻訳チーム)、伊藤大地(Analog Game Studies)、阿久津敦(『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会)(予定)
■主催:『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会(http://middenheim.seesaa.net/
■協力:株式会社ホビージャパン、戦鎚傭兵団(『ウォーハンマーRPG』翻訳チーム)、Analog Game Studies
■定員:12名
■参加費:無料
■締切り:6月14日(申し込みは先着順で承ります)
■予約受付用アドレス:warhammerrpg.jp.convention@gmail.com
■参加予約方法:参加申し込みはeメールで承ります。件名を「0616WHオンリーコン参加予約」として、お名前(ハンドル不可)・電話番号(携帯)・メールアドレス・希望参加コース(「初心者卓」または「経験者卓」、なお申し込み状況によっては「経験者卓」は「初心者卓」に変更になることもあります)・ウォーハンマー関連製品(小説、ミニチュアゲーム等)の受容経験・TRPG歴と(経験者の方は)よく遊ぶルールシステム・体験会に期待すること、以上を明記のうえ、
warhammerrpg.jp.convention@gmail.com
 にまで送信してください(特に電話番号は緊急連絡用に必要ですので、お間違えなきようお願い申し上げます)。
 折り返し、予約確認のメールを返信させていただきます。1週間程度経過しても返信のない場合、お手数ですが再度メールにてご連絡ください。

※「ウォーハンマー関連製品(小説、ミニチュアゲーム等)の受容経験・TRPG歴・よく遊ぶルールシステム・体験会に期待すること」および、当日のゲーム終了後ご記入いただくアンケートシートの内容は、体験会をより良いものとするために使用させていただきます。お名前を伏せてWeb等で公開される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
posted by 『ウォーハンマーRPG』体験会実行委員会公式ウェブログ at 18:43| イベントのお知らせ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。